ノマドライフにぴったし!ランタ島 基本情報

タイ

こんにちは! Sena(@Sena_StaySalty)です。

私たちがタイで長期滞在先として選んだランタ島。
プーケットから2時間ほどで行ける離島ですが、日本語での情報が多くなく、現地でも日本人は一度も見かけていません!(コロナの影響もあるのかもしれないけど…)

今回はそんなランタ島の基本情報を記事にしたいと思います。
ランタ島への観光を考えている方に有力な情報をたくさん載せていきたいと思いますので、是非ご覧ください!

行き方だけ知りたいって方は是非こちらの記事を!

ランタ島とは?

ランタ島 ビーチ

ランタ島とは、クラビ(Krabi)の南端に位置する、アンダマン海岸にある離島です。
ヨーロッパからの観光客が多く訪れる島ですが、観光向けに作られた島という感じではなく、離島ならではの美しいビーチを楽しむことができます。

27キロメートルに及ぶ美しい海岸線にうっそうとした森やマングローブ林、また周辺に世界有数のシュノーケリングやダイビングスポットが点在することで知られています。
このランタ島を中心とした周囲52の島々によるランタ諸島は、その全体が海洋国立公園に指定されており、近年はその手つかずの美しい自然と、孤島でのリゾートライフを求めて、欧米人を中心とした観光客の間で静かなブームを呼んでいます。
「海の民」モーケン族の故郷でもあり、彼らの伝統的なお祭りも魅力のひとつです。

タイ国政府観光庁HPより引用

ベストシーズン

11~4月が乾期
4~5月が暑期
6~10月が雨期

ベストシーズンは11~4月です。
雨の降る日がほとんどなく、真っ青に晴れ渡った空とその色を反射して輝く海に出会うことができます。
気温も日中は30~33度ほど、夜は24~27度ほどで、蒸し暑すぎず快適に過ごすことができます。
また多くの人が滞在する西海岸側では毎日美しい夕焼けを見ることができます。

物価

ランタ島の物価は、本島に比べると少し高いかもしれません。

レストラン

特に観光客が多く集まる場所や、ビーチ沿いのいいロケーションにあるレストランなどはローカルの相場を考えると少し高め。
ですがローカルの人も住んでいるので、少し探せば安くて美味しいお店もたくさんあります!

50バーツで食べれるめっちゃうまいヌードルスープとか…
40バーツで飲めるフレッシュなフルーツシェイクとか…

宿

これに関しては、プーケットに泊まるのとあまり変わらないと思います。
小綺麗なゲストハウスで良ければ1泊2人で1,000円台で泊まれるところがたくさんあるし(ハイシーズンでさえこの値段です!)、1泊2人で4,000円も出せば海の目の前でオーシャンビューの宿にも泊まれます!

ちなみに私たちは1泊2人で2,000円台の宿に長期滞在してます。綺麗なプールもあって、シャワーは強い圧でお湯が出るし、アリも部屋に入ってこないし、めちゃめちゃ快適です!

治安

とてもちいちゃい島なので…治安は良いです。安全です。
欧州、欧米からの観光客が多いですが、ビーチに荷物ほっぽらかして泳いでても平気です。

夜暗くなってから道を歩いている女性の2人組とかも普通に見かけます。
島の人は言葉が通じなくてもみんな笑顔で優しく接してくれます。そして、なんとかして伝えよう!頑張ってくれます。

いくら安全とは言っても、暗くなってから、栄えている場所以外を歩くのはあまりオススメしません。道はあまり広くなく、外灯も少ないので危険です…

交通情報

小さい島とは言っても、上から下まで行こうとしたら車で1時間近くかかります。
ほとんどの人が現地でバイクをレンタルして乗り回してます。プーケットとかでバイクレンタルして乗るよりはよっぽど安全だと思います。
私たちはランタ島に渡る前にレンタカーを借りて車ごと島に来ました!島で借りるより安かったので。
でもレンタカーの人はほぼ見かけないと言ってもいいくらいバイクが主流です。

\格安レンタカーはこちらからどうぞ/

ただ一つ気をつけてほしいこと…
道がとんでもなくボコボコです。舗装はされていますが、新しいところ以外は作りが甘いのか、バイクで気を抜くと転倒するレベルでボコボコ。
慣れるまではローカルの人の後ろを着いて走ると安心かもしれません。皆ボコボコをうまく避けながら走ってるのでw

その他

時差

時差は日本−2時間です。

電圧・周波数・プラグ

電圧:220V
周波数:50ヘルツ
プラグはAタイプ、BFタイプ、Cタイプ全てに対応しています。
日本から持っていったものは基本的にそのまま使えます。

ランタ島、割と頻繁に停電します…すぐ回復するときもあれば、しばらく回復しないときも…。しばらくといっても私が経験した停電で1番長かったのは2時間くらいかな?

電波

プーケットほどどこいってもフリーWi-Fiがあるわけではないですが、割と用意しているところが多いです。ホテルは基本的にあると思っていいでしょう。
ローカルブランド、AISのSIMカードを使っていますが4Gが問題なく使えています。


こんなところでしょうか。
物価も安く、電波も安定していて(停電するとWi-Fiは使えないけど…)、ノマドライフを送るにはぴったしの島だと思います。
何か質問があればコメント欄にてお気軽にお問い合わせください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました