【オールラウンダー】ムック島 徹底ガイド

タイ

 こんにちは! Sena(@Sena_StaySalty)です。

タイの離島巡りに関する詳しい記事に付随して、この記事ではムック島について詳しく書いていきたいと思います!
ムック島は、今回巡った島の中で唯一物価が本土と変わらないくらい安かったところ。

離島巡りの詳細が知りたい方は↓の記事を読んでね!

ムック島とは?

クラダン島からすぐ近くのムック島は、トラン(Trang)にある島で3番目に大きい島。
ローカルの人もたくさん暮らすこの島は、離島ならではの景色と、ローカルの人の暮らしの両方を楽しむことができます。
島の西側にはモラコット洞窟という自然が作り上げた洞窟があり、この島1番の見所となっています。

アクセス

私たちと同じルートで行くのであれば、クラダン島から10分間高速艇に乗ります。私たちと逆ルートで行くのなら、ハイ島から30分高速艇に乗ります。

直接ムック島に行きたい方は、下記をご参照ください。

タイ, ハートヤイ -Hat Yai – 経由で行く
東京, 羽田空港(HND)
  飛行機 8時間55分
タイ, ハートヤイ(HDY)
  ミニバン 1時間45分
パクバラピア – Pak Bara Pier –
  高速艇 2時間30分 ブロン島経由
タイ, ムック島
タイ, トラン – Trang – 経由で行く
東京, 成田空港(NRT)
  飛行機 9時間25分
タイ, トラン(TST)
  ミニバン 1時間
ハトヤオピア – Hat Yao Pier –
  高速艇 15分 ただしTigerlineのみ
タイ, ムック島
タイ, クラビ – Krabi – 経由で行く
東京, 羽田空港(HND)
  飛行機 9時間15分
タイ, クラビ(KBV)
  タクシー 20分
クロンジラードピア – Klong Jilad Pier –
  高速艇 2時間15分
タイ, ムック島
マレーシア,ランカウイ – Langkawi – 経由で行く
東京, 羽田空港(HND)or成田空港(NRT)
  飛行機 9時間20分
マレーシア, ランカウイ(LGK)
  タクシー 9分
Telaga Harbor Marina Langkawi
  高速艇 1時間30分
タイ, リペ島 乗り継ぎ4時間空き
  高速艇 2時間
タイ, ムック島

行けないこともないけど…船に乗っている時間が長すぎるし、リペで乗り換える必要があるし、あまりオススメできません。
このルートで行くなら、私たちのようにリペ島から順番に行きたい島を巡って行くことをオススメします!

ご質問あればコメント欄または問い合わせページよりご連絡いただければ、可能な限りお答えさせていただきます!

飛行機に関しては、スカイスキャナーが最安!!

高速艇やその他の交通手段でお困りの方は、右の検索フォームから検索するとホテルからの送迎付きプランなどが簡単に予約できます。

個人で予約したければ高速艇はPakbara speed boat club
対応もいいですし、時間にも正確でオススメです!

Powered by 12Go Asia system

メモ

ボートから降りるとき、ひざくらいまで海に浸かる可能性があります。
長ズボン、ロングスカートなどよりは、短パンとサンダルの着用をオススメします!スニーカーとか履いてたら超絶めんどくさいです。

基本情報

ベストシーズン

10月〜4月が乾期、5月〜9月が雨期です。
ベストシーズンは12月〜4月です。
同時に観光客が多いのもこの時期になりますが、基本的に晴天の日が多く、暑いですがカラッとしているので快適に過ごすことができます。

物価

ムック島は、離島の中では貴重な物価の普通な島
ローカルの人がたくさん暮らしているので、本土とあまり変わらない値段でご飯を食べたり物を購入できたりします。

治安

いいです。ローカルの人と観光客が共存しています。

交通情報

徒歩移動のほか、レンタル自転車レンタルバイクが借りられます。
私たちが泊まった宿はレンタル自転車を無料で貸してくれました!
島の中心部しか行かないのなら徒歩でいいと思うけど、島を周りたければ自転車かバイクのどちらかをレンタルした方がいいと思います。
歩くのにはしんどい距離です…。

利便性

小さい島ですが、前述したようにローカルの人がたくさん暮らしていて、商店も飲食店もたくさんあります。
かなり遅い時間まで営業していますし、値段も基本的に安いので食べ物や必要なものが手に入らなくて困ることはあまりないと思います!
電波も電気もしっかり通ってますw

雰囲気

ローカルの人々の暮らしに、観光客がお邪魔している感じです。
離島ならではの景色(海はやはり他の島と比べると少し劣ります)、ローカルの人々の暮らし、バランスよく、そして安く楽しみたい人にはオススメの島です。

補足情報

東南アジアに旅行に行く方なら気にされると思いますが…ムック島も、野犬も野良猫もたくさんいました。狂犬病がある国なので…心配な方はこちらの記事を参考に予防接種を検討してください。

ムック島でできること

洞窟探検

ムック島の代表観光スポットと言える、モラコット洞窟。
モラコットとはタイ語でエメラルドを意味し、その名の通りエメラルド色の海がとても美しいです。

ツアーで行くモラコット洞窟

モラコット洞窟へは、ツアーで行くことができます。
洞窟の他にもスノーケルや、海を見ながらのブッフェランチも含まれています!

ちなみに私たちは、ツアーがあまり好きじゃないのと、ライフジャケットをつけてスノーケルすることに魅力を感じないのでモラコット洞窟には行きませんでした…行ったように語ってごめんなさいw

ローカルの美味しいご飯を楽しむ

タイティーがめちゃめちゃ恋しい…

何日か島で過ごしていると、ローカルの人にどこのお店が人気かわかってきます。
朝、なんの看板もないお店にローカルの人がずらっと並んでいたり…勇気があれば、その列に並べばきっとコアなローカル料理が食べられるでしょうw

コアすぎない、適度にローカルなおいしいご飯屋さんもたくさんありますよ!
あとは、おしゃれなカフェもたくさんあります。2日間じゃとても行きたいお店全部周りきれませんでした!

朝日と夕日を楽しむ

自転車かバイクがあれば、島のどこにでも行くことができるので、海から昇ってくる朝日も、海に沈んでいく夕日も見ることができます。
上が朝焼けで下が夕焼け。綺麗ですよねー!

ムック島の宿

だいたいは東側のビーチに立ち並んでいる、クラダン島の宿。
いくつかおすすめを紹介しておきます!

ムック ラマイ リゾート アンド スパ

ビーチの目の前ではありませんが、プール付きの、新しくて美しいリゾート。
中心地やビーチにもアクセスしやすい立地と、行き届いたサービスが高評価の理由です。1泊2人/14,500円〜

コ ムック シラバイ ビーチ リゾート

こちらはムック島の東側のビーチに位置するリゾート。
中心街からは少し距離があるので、とても静かで落ち着いています。また、朝日を見るのには最高のロケーションです。このリゾートに泊まったら、島を歩き回るよりはずっとここでゆっくりしたくなっちゃうかもw1泊2人15,000円〜

クラダン ビーチ リゾート

島のやや南よりにあるこちらのバンガロー。
簡素な作りのバンガローですが、清掃が行き届いて快適に宿泊することができます。ビーチへも、歩いて5分ほど。食事もおいしく、自然の中の静かな場所で落ち着きたい方にはオススメ。
価格は1泊2人/2,800円〜と、超破格!

安くて美味しいご飯、適度な利便性に加えて、離島ならではの景色や雰囲気をバランスよく楽しみたい方にはオススメの島です!
是非この記事を参考に、ムック島へ足を伸ばしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました